「仏教が明かす”運命の仕組み”」感想

○人のせいにしないことは心がけていても、環境のせいに、景気のせいなど、
 色々なものに責任転嫁してしまいます。改めて、本当の意味で、
 因果の道理(運命の原因と結果の法則)を知り、実践することの難しさを感じました。

○お話が分かりやすくて、大変よく理解できました。知っていること、
 忘れていることもあって、とてもよい振り返りにもなりました。(40代男性)

○仏教の内容を短歌や例えなどでお話があり、因果の道理は、いつでもどこでも
 成り立つものだと聞いて、「なるほど」と思いました。(10代男性)

○仏教というと倫理や道徳的なイメージがありますが、
 因果の道理(運命の原因と結果の法則)を聞かせて頂くごとに、
 そんなものではなく、本当に「真理」なのだなと思わずにおれません。
 まだ頭のなかに「たぶん合点できているなぁ……」という聞き方なので、
 ハッキリ分かるまで聞かせて頂きます。(30代女性)

○「因」と「果」のお話は聞かせて頂いていましたが、それに「縁」が
 結びつくことでまた、結果も変わることに、「なるほど」と思いました。
 善因(善い原因)と思っていたことでも、悪因(悪い原因)であったかもしれないと
 自己を振りかえってみようと思います。(30代女性)